×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Windows7以降のOSでSimcity4を起動する方法

管理者権限でログインしなおしてから、やりなおしてください
シリーズ最高傑作とも呼べる『シムシティ4』ですが、近年のWindowsでは起動できなくなりました。
これはWindowsの2015年9月のアップデートで、脆弱性を埋めた時に起こった弊害の1つで、
実はシムシティ以外のPCゲームの大半も被害を食らっているのです。


Windows7以降だと「管理者権限でログインしなおしてから、やりなおしてください」と表示されます。
なので管理者で実行をしても、何も起こらずに終わってしまいます。
つまりこのエラーメッセージは何も意味を無しておらず、問題はもっと別な所にあります。

何でこんなことに?

どうもWindowsのドライバーに「secdrv.sys」というのがあるみたいです。
これはSafeDiscやSecuROMといったPCゲームのプロテクトに使われるドライバーで、
ほとんどのゲームはこのドライバーを使ってアプリケーションを起動・プレイしています。

ところがKB3086255のアップデートで、セキュリティホールを潰すためにこのドライバーが無効化されました。
というのも、SafeDiscなどの旧型のプロテクトも脆弱性があったため、マイクロソフトは全て潰したんだそうです。
(原因についてはアンサイクロペディア風に言うと「お察し下さい」なのでここでは言いません)

このため最新のゲームではなく、少し古いゲームで被害が起こっています。 それも結構大きな規模で。
少なくともCDから起動するタイプのゲームで被害があると思って良いでしょう。
(ゲームにかぎらずCDブートが必要なソフトウェアはインストールすらままらない可能性もあります)

なお、ここまでを見て「ダウンロード版」はどうなのかという話がありますが、
実はダウンロード版はディスクを使わないのでこの問題とは無縁だったりします。
よって次に提示する対策方法は「Win7以降でディスク版のシムシティ4」だけに対応するものです。

Steamで購入した、ダウンロード版でインストールしたのであればこの対策をする必要はありません。

対策方法

これを回避するための方法はあることはありますが、どれも微妙な感じはします。 特に初心者には向かないです。
一応提示だけはしておきますが、完全に自己責任の元で実行してください。(お約束)

1.nocdパッチをあてる
この世のどこかにSimcity4をNOCD化するパッチがあるそうで、それを使うとプレイすることが可能です。
ただしこのパッチは裏を返せば限りなく黒に近いですが、NOCDなのでCDを使うことなくプレイできます。

一応他のPCゲームでもこのパッチを利用すれば起動できるかもしれません。
ただしこのページではパッチ等の情報は公開しません。 こういうのがあるんだ、ということだけ伝えておきます。

2.該当するアップデート(KB3086255)を無効化する
あまりおすすめできませんが、OSのアップデートであるKB3086255を無効化することによって起動は出来ます。
おそらくこのページを見ているということは、KB3086255が入っているので、それを前提に説明します。

コントロールパネルから「プログラムと機能」を開き、左にある「インストールされた更新プログラムを表示」を選びます。


リストから「Microsoft Windows(KB3086255)のセキュリティ更新プログラム」を選択し、アンインストールを押します。
警告画面が出ますが、ここは「はい」と押してアンインストール。 最後に再起動すれば無事に起動するはずです。

しかしこの方法では脆弱性を残したままになっていますので、OSとしては本来すべきことではありません。
また再起動後にそのプログラムのインストールを促すようになっていますので、対処療法にしかなっていません。
ましてやこれはWindows7で確認したので、Windows10ではこれが封殺されているとのことです。
(つまりWin10の場合はこの方法が使えないということです)

3.古いOSを使ってしまう
これを言うと元も子もないですが、ゲーム用にWindows XPを残しておくのも手だったりします。

というのも、Windows7になってカーネルやら64bitなどの制約で起動できなくなったソフトウェアが多すぎます。
特にDirectXによる仕様変更は大きかったり、そうでなくても16bitのソフトウェアは起動しなかったり、
midiはまともに再生されないなど、意外とゲーマーからしたら結構デメリットが多かったりします。

そこでスタンドアロン状態にしたゲーム用のWindows XPを用意することで、これらは全て解決できます。
特に今回のケースでは効果は絶大です。

しかし古いOSはセキュリティホールが多いので、マルウェアに対する防御が一切なされていません。
またPCをもう一台用意するという意味でもお金と置き場所に困る、1つのPCに2つOSを入れるにも工夫が居る、
Windows7にはVirtual PCを使ったXP modeだとかはありますが、ちゃんとエミュレーションしてくれない……。

これも完璧な解決とはいえなく、やはり初心者にとっては結構ハードルが高いように思えます。

結局の所……

Simcity4に限っては「新作のシムシティに移行する」とか、そういうことしか出来ないのかもしれません。
同じようなPCゲームでも言えることで、別な代替ソフトを見つけるとか、根本的な解決にならないです。

ひょっとすると将来的にはこれに対応するアプリケーションみたいなのが開発されるかもしれません。
(Windows 8のスタートメニューを擬似的に復活させる機能も非公式で作られたのが最初みたいだし)

☆ 余談 ☆
Simcity4以外のPCゲームで、アダルトゲームに分類されるものは代替手段がいくつかあるようです。
基本的に非公式のNOCDパッチが大半なんですが、最近はOS対応版の販売や、公式パッチが配布されていることがあります。
ブランドが無くなったようなゲームについてはどうしようもないですが、まだある場合は確認してみてください。

また、Windowsに依存しないようなソフトウェアはまったく効かないので、この話は杞憂に終わっている所もあります。
最近ではインターネットからのダウンロードもあるので、ディスクでのゲーム起動はどんどん無くなっているような気はします。

ページの書き方については某サイトを真似てみました。
スタイルシートとか使っていませんが、基本的な書き方はそれにあえて真似てみました。
一応リスペクトのつもりで書きましたが、何か問題があればご連絡を。


Back